希望の森 成長発達クリニック

お電話でのお問い合わせ 06-4790-8655

低身長症

低身長について

原因について

身長が同じ性別、同じ年齢の子100人が背の小さい順に並び、前から2~3人目までが低身長という定義に当たります。低身長の原因は、
1)成長ホルモン(成長ホルモン分泌不全性低身長症)、甲状腺ホルモンなどホルモンの病気
2)ターナー症候群、プラダーウィリ症候群、骨に関する病気など低身長を伴う場合
3)栄養の不足に伴うもの(過剰な運動、摂食障害、クローン病など)
4)思春期の開始した時期に伴ったもの
5)出産のときの状況(在胎週数別の身長・体重の基準以下)と2歳以降の低身長がある場合:SGA性低身長症
6)体質的なものと考えられるもの

成長ホルモン分泌不全性低身長症、ターナー症候群、プラダーウィリー症候群、軟骨低形成症、SGA性低身長症については、保険診療にて成長ホルモン治療が可能ですが、治療が難しい場合も多くあります。

低身長の落とし穴

思春期の開始により成人身長が決まる

思春期(第二次性徴)には、男の子は30cm、女の子は25cm伸びると考えている医師や親御さんは多くいます。 しかし、すべての子供が同じだけ伸びるわけではありません。 低身長がある場合、肥満がある場合など健康であっても男の子で25cm以下、女の子では20cm以下になることがあります。 そのような場合男の出125cmの時に思春期が始まれば、良くて成人身長は150~155cmになるのです。 今、低身長でないお子さんは、学校でも精査や受診勧奨の対象にはなることは非常に少ないです。
お子さんの思春期の開始を正確に判断するには詳細な成長曲線と診察が必要になります。 思春期が来ていない場合は、成長曲線を付けながら経過を見ることが重要です。 ただ、低身長がない場合、できることが非常に少ないのも事実です。

学校と医療機関の評価の違い

学校ではパーセントタイルを用いて低身長(3%tile)を評価しています。その結果、学校では100人中3人が低身長になります。
医療機関ではSDS(Zスコア)を利用し低身長(-2SD)としていますので、100人中約2.3人が低身長になります。
結果学校では低身長と言われたければ受診すると低身長ではないといわれることも多くあります。
また、子どもの医療助成のない地域では、小児慢性特定疾病などの医療費助成の基準として使用される-2.5SD以下以下でない場合も大丈夫と 言われることがあります。

身長のことが気になったら

まず、身長や体重の記録を集め成長曲線を書きましょう。
以下の場合には相談に来てください。
1)現在の身長が-2SD以下の場合
2)標準であっても基準の線から外れて来ている場合
3)男の子135cm以下、女の子130cm以下で身長の曲線が上向き(伸びが良くなっている)になってきている場合
4)平均以下の身長で、男の子11歳以下、女の子10歳以下で身長の曲線が上向きになってい来ている場合
3、4)の場合低身長での思春期開始の可能性があり大人の時の身長が男の子160cm、女の子150cm以下になる可能性があります

5)身長が-1~-2SDの場合も問題がないことが多いですが、今後の成長の予測も含めて一度相談に来てください


fizer.gif(3609 byte)

nordi.jpg(4084 byte)

JCR.png(6129 byte)

lilly.png(12695 byte)

初診時のお願い

診察について

母子手帳、保育所・幼稚園・小学校などの身長、体重の記録から成長曲線を作成します。 診察では単純な成長曲線だけではなく、 成長率曲線や肥満度曲線等も同時に作成しますので、 測定した年月日と身長体重が数字でわかるようなものを持参してください。
検査としては、骨年齢を知るための手のレントゲン、成長ホルモンは1日の中で大きな変化があるため 成長ホルモンが肝臓に作用し作る成長因子(IGF-1)、甲状腺ホルモン、染色体検査(女児の場合)を調べるため 血液検査を行います。朝起きた時の尿を持参していただければ尿検査も行います。
1年間の成長率が下がっている、成長曲線の基準線から外れてきている、IGF-1が低いなど必要な場合成長ホルモン分泌刺激試験を行います。

負荷試験について

当院では、アルギニン負荷試験・クロニジン負荷試験・L-Dopa負荷試験(120分)、GHRP-2負荷試験(60分)を行っています。
自動蛍光免疫測定装置 (AIA-360)を利用することで、20分ほどで成長ホルモンを測定することができますので、検査した日に結果をお伝えすることができます。また、成長ホルモンの結果から基準値以上であり正常と確認できた場合、検査を終了できますので 空腹で検査をしているお子さんには、その段階で食事をとることができます。入院せず検査ができますので様々な負担も少なくできると思います。
初回の検査時のみ甲状腺の検査などと合わせて行うため120分かかります。

「身長が低い、身長が伸びない、体重が減っている」ことで受診される方へ

測定日(年月日)、身長、体重の記録を持参してください

母子手帳

保育所、幼稚園での成長の記録(出席のための帳面に記載されています)

小学校・中学校・高校での成長の記録

(小学校・中学校の方は担任の先生もしくは養護教諭:保健室の先生にお願いしていただければ貰えます)

両親、兄、弟、姉、妹の身長、体重も測定して持参してください


十分にお話を伺うために、予約制をとらせていただいています。下記からお電話
 にて予約をお願いします。

Tel : 06-4790-8655

(診療時間 月火水金:9:00-12:00、15:00-19:00、土:9:00-14:00)

PDFを閲覧するにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Reader